トップページ >  悩み・目的 >  頭皮が脂っぽい

脂っぽい頭皮を解消するには、どんなシャンプーが良い?

ポイントは皮脂のコントロール

頭皮の悩みで多いのが、頭皮が脂っぽいということです。 頭皮の脂を放って置くと、抜け毛が増えたり、臭いが発生したり、雑菌の繁殖することがあります。 脂性がひどくなってくると、髪がペタンコになってボリュームが減るなど、見た目も良くありません。
私もそうだったのですが脂性を解消したいと思うと、洗浄力の強いシャンプーでガッツリ洗ってしまいます。 実はコレが脂性を引き起こす原因となっていることが多いのです。
頭皮の脂(皮脂)は、頭皮を守る働きがあります。 そのため皮脂を根こそぎとると、頭皮の防御機能が働き、皮脂を過剰分泌するのです。 過剰分泌を防ぐには、頭皮に必要な皮脂まで取り除かないことが大切です。

脂性は洗浄力の強いシャンプーが原因の可能性あり!
毛穴の汚れをしっかり取り除く
ただし、頭皮に必要な皮脂まで取り除かない

脂っぽい頭皮を解消する正しいシャンプーを選ぶポイント

必要な皮脂まで取り除かないこと

洗浄成分に石油系界面活性剤を使っているシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。 すると皮脂が過剰分泌されるので、脂性の原因となり得ます。 皮脂の過剰分泌を防ぐには、適度な洗浄力で、頭皮に必要な皮脂は残すシャンプーを選びます。 適度な洗浄力なのはアミノ酸シャンプーです。

毛穴の皮脂汚れはしっかり落とす

適度な洗浄力のシャンプーが良いと説明しましたが、だからといって汚れを落としきらないと抜け毛や薄毛の原因となります。 毛穴の皮脂汚れを落とすためには、泡立てたときにキメ細かい泡ができるシャンプーが良いです。 キメ細かい泡が毛穴に入り込み皮脂汚れを落とすからです。

頭皮に優しい成分を配合している

安いシャンプーは、頭皮にダメージを与える成分が多く含まれています。 中でも、石油系界面活性剤やシリコンは要注意です。 シリコンは髪の指通りを滑らかにするために配合されているのですが、毛穴をつまらせたり、髪から落ちるときにキューティクルを剥がします。 これを防ぐにはノンシリコンのシャンプーを選びます。 アミノ酸シャンプーは使っているうちに頭皮や髪のダメージを補うので、髪の指通りも良くなってきます。

脂っぽい頭皮の解消に、育毛シャンプーおすすめランキング

ウーマシャンプー ノンシリコン、アミノ酸シャンプー

ウーマシャンプー 最高級の「こうね馬油」を配合した馬油シャンプーです。 キメ細かい泡が毛穴の皮脂汚れをしっかり落としますが、頭皮に必要な油分は残します。 通常の馬油より浸透性が高く、毛髪の発育や、皮膚の状態を正常にする働きがあります。 また、頭皮を柔らかくする働きが強く、育毛に適した頭皮へ。

プレミアムブラックシャンプー ノンシリコン、アミノ酸

プレミアムブラックシャンプー 適度な洗浄力のアミノ酸系洗浄成分なので、頭皮に必要な皮脂まで取り過ぎることがありません。 しかし、クレイの細かい泡が毛穴の奥の皮脂汚れを吸着し除去します。 頭皮と髪に不必要な成分を配合していないので、3分間ヘアパックが可能となり、遠赤外線効果で血行促進。

S-1無添加シャンプー ノンシリコン、アミノ酸シャンプー

S-1無添加シャンプー 最高級のシルクアミノ酸を配合した無添加シャンプー。 身体を構成する20種類のアミノ酸のうち18種類を含み、バランスが良いのが特徴です。 髪や頭皮へアミノ酸を補うのに大変優れています。 頭皮や髪がダメージを受けているなと感じている方におすすめです。

脂っぽい頭皮にウーマシャンプーがNo.1の理由

脂性の頭皮にや解消には、「頭皮に必要な皮脂まで取り除かない」ことが重要です。
そのためにはアミノ酸系洗浄成分が適しています。 ウーマシャンプーは、アミノ酸系で泡立てるとキメ細かい泡ができます。 このキメ細かい泡が毛穴に入り込み、毛穴の皮脂汚れを落とします。 また、通常の馬油より浸透性が高い最高級の「こうね馬油」を配合しているのもポイントです。 毛髪の発育や、皮膚の状態を正常にする働きがあります。 脂性の頭皮におすすめ ウーマシャンプーはこちら